新着情報

滋賀県の廃業率~全国1位から脱却~

昨年から滋賀県の廃業率が全国1位と様々なメディアで取り上げられていますが、

滋賀県事業引継ぎ支援センターでは過去から最新のデータから全国の廃業率を

算出いたしました。

廃業率のデータは総務省の経済センサスをはじめ、様々なデータから算出されます。

その結果は当然同じものではありません。

滋賀県が廃業率1位と公表されたのは平成29年版の中小企業白書です。

その算出根拠となったデータは厚生労働省の「雇用保険事業年報」です。

その計算は

廃業率=当該事業年度の雇用関係消滅事業所数÷前年度平均適用事業所数

現在、「雇用保険事業年報」は平成21年度から平成28年度までのデータを

確認することができます。

それに基づいて、中小企業白書と同じ計算方法で算出した結果が上表のとおりです。

平成27年度の滋賀県の廃業率4.86%が全国1位でした。

平成28年度は3.63%で、全国で14位です。

数値での把握しかできておらずその原因を分析することは難しいですが、

少なくとも全国1位の汚名は返上されたかと・・・・

ちなみに平成22年度は3.24%で全国47位でした。つまり、最下位。

とはいえ、まだまだ高水準にある廃業率をもっともっと引き下げることができるよう

センターとしても後継者不在事業の引継ぎ支援をさらに加速させていきます。