事業継承とは...

そもそも事業承継とは...?

事業承継とは、”現経営者から後継者へ事業のバトンタッチ”を行うことですが、企業がこれまで培ってきたさまざまな財産(人・物・金・知的資産)を上手に引き継ぐことが、承継後の経営を安定させるためにも重要です。

承継の種類 承継の内容
ヒトの承継 後継者
資産の承継
  • 事業用資産(設備・不動産等)
  • 資金(株式・運転資金等)
目に見えにくい経営資源の承継
  • 経営理念
  • 熟練工の持つ匠の技
  • 社長の持つ信用
  • 得意先担当者の人脈
  • 営業秘密
  • 顧客情報
  • 特許・ノウハウ
  • 許可・認可・認証

事業承継対策の進め方

現状の把握

【現状の把握】

(1)
  • 会社概要の把握
  • 現状と将来の見込み、キャッシュフロー等
(2)
  • 自社株親族関係の把握
(3)
  • 個人財産の概算把握
  • 保有自社株の現状
  • 個人名義の土地、建物の現状
  • 個人の負債、個人補償の現状 等
承継方法・後継者の確定
【承継方法・後継者の確定】
  • 親族内に後継者候補がいるか
  • 社内に後継者候補がいるか
  • 後継者候補の能力・適正は?
事業承継計画の作成

【事業承継計画の作成】

中長期経営計画に、事業承継時期、具体的対策を盛り込んだ「事業承継計画表」作成。

  • 法定相続人及び相互の人間関係、保有状況の確認
  • 相続財産の特定・相続税額の試算・納税方法の検討 等

事業承継には、だれに会社(経営)を承継させるかによって、いくつかの方法があります。

親族内承継
(1)関係者の理解
  • ①事業承継計画の公表
  • ②後継者への権限委譲
  • ③新経営体制の整備
(2)後継者教育
  • ①社内での教育
  • ②社外教育・セミナー
(3)株式・財産の分配
  • ①株式保有状況の把握
  • ②財産分配方針の決定
  • ③生前贈与の検討
  • ④遺言の活用
  • ⑤会社法の活用
  • ⑥事業承継に係る資金調達の検討
  • ⑦その他手法の検討
親族外承継
(従業員等)

(1)関係者の理解

  • ①後継者候補の経営陣への登用の検討
  • ②事業承継計画の公表
  • ③現経営者親族の理解
  • ④新経営体制の検討

(2)後継者教育

  • ①社内での教育
  • ②社外教育・セミナー

(3)株式・財産の分配

  • ①後継者への経営権集中
  • ②種類株式の活用
  • ③MBOの検討

(4)個人保証・担保処理

親族外承継
(マッチングによる第三者承継)

(1)マッチングの検討

  • 承継方法の検討(外部からの招聘、M&A)

(2)事業譲渡(M&A対策)

  • ①M&Aに対する理解
  • ②譲渡範囲の検討
  • ③仲介機関への相談

(3)会社売却価格の算定

  • ①自社株式売却価格の算定
  • ②企業価値改善策の検討

事業引継ぎ支援センターの業務

滋賀県事業引継ぎ支援センターでは、お客さまより事業承継に関するご相談を受けますと、公認会計士・税理士・中小企業診断士などの専門家が詳細なヒアリングを行い、最適な方法を提案、金融機関・M&A仲介機関の協力のもと成約にいたるまでサポートいたします。

事業引継ぎ支援センターの業務

事業を「譲渡したい」「譲受したい」をお手伝いしています。

事業承継問題でお悩みの方、まずは滋賀県事業引継ぎ支援センターにご登録ください。

詳細な話を聞かせていただいた後、全国のデータベース(DB)に登録された企業さまから最適なマッチングを探し出し、提案させていただきます。

事業を「譲渡したい」「譲受したい」をお手伝いしています。