事業承継コラム

ホーム>事業承継コラム>今がチャンス!強みを知る!そして、次代を創造する!
2020/04/24

今がチャンス!強みを知る!そして、次代を創造する!

COVID-19、新型コロナウイルスの影響が国民生活だけでなく

経済にも出てきています。今だけでなく、先行きも見えない

状況で不安が募るばかりです。

事業引継ぎの支援においてもM&Aの交渉が延期となったり、

売買価格の交渉において、当初の環境と大きく変わったがために

自社のビジネス、足元をしっかり固めてからということで

キャンセルになったりと、影響が出てきているのが実態です。

リーマンショック以上の環境変化に経営者はこれからどうすれば

いいか、精神的に追われているのではないでしょうか。

もちろん、目先の資金繰り対応にも追われているかと思います。

今こそ、改めて自社の現実、現状を見つめなおす絶好の機会だと

思います。

限られた経営資源、選択肢の中で、自社が生き残るためには何を

すべきか、コロナショックが終息したのち、どんなリスタートを

切ればいいのか、日々追われる中だからこそ、真剣に考えることが

できるかと思います。

かつて、未曽有の危機と呼ばれた出来事には必ずと言っていいほど

経営、ビジネスに大きく影響を及ぼすような革新的な価値が創造

されてきました。

阪神淡路大震災ではインターネットが普及、その5年後にはネットバブル

そして、ネットバブルの崩壊、リーマンショックの時には仮想通貨や

フィンテックと呼ばれた金融とITの融合による技術革新、東日本大震災

の時には、太陽光に代表される再生可能エネルギーの開発など、のちの

経営環境に大きく影響を及ぼす変化をもたらしてきました。

多くの方が予想されている通り、このコロナウイルスにおいても、

終息後には、きっと経営環境に影響を及ぼす新しい価値が生まれている

可能性が高いと予想できます。

当たり前が当たり前ではない現実があるからこそ、その痛感の中で

今の現状をしっかり把握し、自社が生き残れる強みは何かをしっかりと

把握し、その強みを活かすために、何をすべきか、何に貢献できるのか

また、これから創造される新たな価値といかに融合できるかをいろいろ

想像してみてはいかがでしょうか。

事業を親族や従業員、第三者に引き継いでもらうにしても、事業の魅力が

大きければ大きいほど、その確率は高くなります。

厳しい環境だからこそ、真剣に考えることができる。まさに今がその時

だと思います。

目先の生き残りと並行して、来るべき時の変革に適応、いや、創造できる

価値を、強みという種を磨いてみてはいかがでしょうか。

ありきたりですが、強みと融合させるキーワードは

テレワーク、在宅、zoom、電子マネー、電子決済、ES(従業員満足)・・・ベタですが。

 

 

相談無料 お気軽にご相談ください 077-511-1503 受付時間/毎週 月~金曜日 9:00〜17:00
ページトップへ